廣池学園寄付募集サイトトップへ

麗澤大学

 世界と地域から存在を期待される小規模だがきらりと光る大学へ

21世紀になり、情報通信や交通手段の革命的な発達やメガ自由貿易協定(FTA)の出現等により、日系企業は欧米やアジアを中心に海外へ7万社以上が進出し、経済・経営のグローバル化が進展しグローバル競争時代を迎えていますが、一方でAmerica First等の自国第一主義や米中の貿易戦争等の動きも出てきて世界経済は混とんとしています。国内では少子高齢社会やAI(人工知能)に代表される第4次産業革命を迎えると共に、海外から多数の訪日外国人や外国人材を受け入れ、なかなか先が見えない時代でもあります。しかし危機はまた新しい始まりでもあり、新たなグローバルリーダーが求められています。

我が国が昭和恐慌、ブロック経済化など一連の危機に見舞われた昭和101935)年に、本学の創立者である廣池千九郎は、知識と道徳はひとつに調和すべきであるという「知徳一体」の理念の下に、本学の前身である道徳科学専攻塾を緑に囲まれたこの地に開設し、多くのリーダーを輩出しました。その後、本学は昭和341959)年に外国語学部、平成4年に国際経済学部(現在の経済学部)を開設し、2020年度に国際学部(設置構想中)を新設致します。しかし、緑に囲まれた小規模の学び舎に変わりはありません。

変わらぬ小規模の学び舎は、森と共生する校舎「あすなろ」、留学生と共生する学生寮「グローバル・ドミトリー」など、多様な他者との共生をコンセプトに整備されました。それに加え、教員の研究室とアクティブラーニング教室が一体となった「アクティブ・ラーニング・サポート・コモンズ」(ALSC)やネイティブの教員といつでもコミュニケーションが楽しめる「英語コミュニケーションセンター」(CEC)といった、学生の自主的な学びをサポートする環境整備を行い、本学の国際性を高めることに大きく貢献しています。その成果の一つとして、イギリスの高等教育情報誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」(THE)を運営するTES Global社の世界大学ランキング日本版で、本学が国際性分野にて全国6位の評価となったことが挙げられます。 

さらに、学校における道徳教育に精通した教員や専門家の養成と、教育学における新領域「道徳教育学」の開拓に向けた研究と教育を目的とした学校教育研究科道徳教育専攻は順調に2年目迎え、年度末には初めての修了生を輩出します。

こうした本学の活動には、皆さまから頂戴した貴重なご寄付によるところが多大であります。感謝を申し上げると同時に、より一層のご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

今後も知徳一体に基づく有為な人材養成のためには、“小規模にこだわる”、“国際性にこだわる”麗澤大学として、世界と地域から期待される大学となるよう邁進いたします。

麗澤大学学長
徳永 澄憲